チャンピックスについて考える人たち

タバコの値上がりをキッカケに禁煙を考え始め、どのようにみなさんが禁煙を成功させたのかを調べていたらチャンピックスという薬を見つけました!どのような方法で禁煙できるのかを自分用にまとめてみました。

チャンピックスはどんな薬なのか

チャンピックスは禁煙のために開発された飲み薬で、2006年にアメリカのFDAで承認されたのち、日本では2008年の1月から販売され、4月には健康保険の適用を得た医薬品です。
それまでの禁煙方法としては、何も使用せずに自分の意思でタバコをやめるか、禁煙補助剤として用意されている商品からタバコの代わりにニコチンを補給する置換療法が主流でした。
タバコを吸う人がやめられない理由は、煙と共に体内に吸収されるニコチンが脳に作用して快楽を与えるためで、一種の薬物依存のような状態にあるためです。
タバコを吸えば気分が落ち着くという感覚は、ニコチンが脳に働きかけ快楽物質となるドーパミンを放出させているのが理由ですが、作用する時間は30分程度と非常に短く、気分の落差が激しいため、再びタバコを吸おうという気持ちになります。
ニコチンが不足して気分が安定せず、イライラしたり落ち着かない状態を離脱症状と呼びますが、この症状が現れるとタバコが恋しくなってやめるにやめられない状態になります。
こうしたニコチン依存症は、これまでの禁煙補助剤では意味がなく、タバコの代わりにニコチンを補給することができるので完全な治療には向いていませんでした。
しかし、チャンピックスはニコチンを使用していない飲み薬で、有効成分がニコチンの代わりに脳に取り付き、ドーパミンを少量だけ放出させる働きがあるので、タバコを吸いたいという欲求自体を抑えることができます。
また、ニコチンが脳に取り付くことができなくなっているため、タバコを吸っても満足感が得られずに美味しいという感覚も消失させてくれます。
禁煙をするといきなりニコチンが不足して離脱症状が強くあらわれますが、チャンピックスを使用すれば症状を軽減することができ、タバコを吸いたいという欲求も抑えることができます。

チャンピックスでの禁煙成功までの期間

病院の中には禁煙外来と呼ばれている診療科を持つ施設が在りますが、禁煙外来と言う言葉はテレビコマーシャルなども有名であり、お医者さんの力を借りて禁煙を成功に導く事が出来る禁煙治療を行っている診療科です。
通院するタイミングと言うのは、初診、2週目、4週目、8週目、そして12週目の4回になりますが、この時チャンピックスと呼ばれている禁煙補助剤を処方して貰う事になります。
チャンピックスは禁煙をした時に煙草を吸いたいと言う欲求を抑える作用を持つ医薬品で、通販サイトなどでも購入する事が出来るため、禁煙外来を使用せずに自らの意思でチャンピックスを購入して禁煙治療を行う人も少なく在りません。
但し、禁煙外来の場合は担当医がニコチン依存症と言った診断を下すことで保険治療が可能になるため、通販店でチャンピックスを購入するよりも安くなると言ったメリットも在ります。
初診の時から薬が処方されて治療を開始する事になりますが、チャンピックスは12週間の禁煙プログラムを達成する事が禁煙での成功に導くコツでもあるのです。
服用している中で、薬を飲まなくても禁煙が出来るからと止めてしまうと、ニコチン依存症の度合いに応じて禁煙習慣が戻ってしまう事も在る為、最後まで服用を続けることが大切です。
一般的に、チャンピックスを服用して12週間の禁煙プログラムを達成した場合の成功率は途中で止めてしまった時よりも高くなるため、3ヶ月という期間の中でチャンピックスを服用する事がお勧めです。
また、禁煙プログラムを達成した後も、不安と言う人はチャンピックスの服用を続けることで煙草に対する欲求が減るメリット、血管や肺がんなどのリスクを引き下げられるなどのメリットにも繋がります。

チャンピックスの気になる禁煙成功率

チャンピックスは禁煙したい人が利用する禁煙補助剤です。
禁煙を開始すると大半の人がイライラしたり、集中力が低下するなど落ち着かない状態になりやすくなります。
これは煙草に含まれているニコチンが原因であり、いわゆるニコチン依存症と呼ばれるものが在る為、禁煙をしてニコチンが体内に入らなくなる事で離脱症状として現れて来ます。
この離脱症状を抑えてくれる作用が在るのがチャンピックスで、12週間継続して服用する事で禁煙の成功率は92%になると言われています。
禁煙をすることでニコチンが体内に入らない、そして離脱症状を引き起こす原因と言うのは、ドーパミンが分泌されなくなるからだと言われています。
煙草を吸うとニコチンは体内に取り込まれ、これが脳内物質のニコチン受容体と結び付くと、快感物質のドーパミンが生じて煙草を美味しく感じさせたり、満足感を得られるようになります。
チャンピックスは服用すると、少量のドーパミンが分泌されるため、煙草を吸わない状態でも喫煙をした時と同じような状態に導いてくれますし、煙草を吸ってしまった場合、ニコチン依存が生じてしまう事になりますが、チャンピックスを服用する事でニコチン受容体に結びつくものを抑制させるため、依存度が戻ると言う事は無いと言われているのです。
そのため、12週間と言う期間の中できちんと服用をし続ける事で92%の成功率になると言われているのですが、禁煙に成功してチャンピックスの服用をしなくなり、再び喫煙をしてしまうと言うケースも在ります。
因みに、12週間の禁煙治療を受けて、一度成功に導いても再び喫煙をしてしまうと言うのは、意志の問題でもあり、完全に煙草を断つと言う意味においての成功率と言うのは高い評価を得ていると言った特徴が在ります。